ここはどこだろうか

冥煌製作所(Maykoh Works)について

最初、2005年に小説を公開する場として立ち上げた「ガラスカラス」が原型。
一度閉鎖し、その後2009年に「レイニィクロウ」として復活、サイト名を「冥煌製作所」に変えその間何回か移転し、今の場所に落ち着きました。

小説や短歌を書くことが好きです。
作品を読む瞬間を共有できたら素敵だと思います。

表記は日本語(冥煌製作所)でも英語(Maykoh Works)でも、どちらでも構いません。

希屋の浦について

きおくのうら、と読む。
「きおくの」が苗字で、「うら」が名前。

最近ようやくコーディングの仕事をしていると言えるようになってきた。
ウェブの海はどこまでも深いと思う。

短歌に出会ったのは高校生のときで、短歌甲子園がきっかけ。
塔短歌会所属。