塔2017年4月 月詠

どぼどぼと注いだミルク2年前別れた日にもグラスについだ

月だけがあの夜を見ていましたとさ忘れたいから砂消しゴム買う

綺麗です眩む満月大きくて眠りたくない明るい夜です

壊れ物割れ物注意のステッカーだしてわたしをここから早く